無料
診断実施中!
受付時間 9:00-18:30 ※日曜・祝日休
TEL 0120-750-368 メール
無料 無料診断実施中
受付時間
9:00-18:30 ※日曜・祝日休
TEL 0120-750-368 メールでのお問合せ
無料 無料診断実施中!お問い合わせはこちら
受付時間
9:00-18:30 ※日曜・祝日休
TEL 0120-750-368 メールでのお問合せ
オフィスサポート株式会社 オフィスサポート株式会社

今さら聞けない
専門用語おさらいシリーズ

webマーケティング
今さら聞けない専門用語おさらいシリーズ

webマーケティング

今さら聞けない、専門用語おさらいシリーズ

Webマーケティングにおいて"今さら聞けない
専門用語をおさらいする"シリーズ。

Web担当者が知っておくべきweb用語を
解説します。

Webマーケティングにおいて
"今さら聞けない、専門用語をおさらいする"シリーズ。

Web担当者が知っておくべき、web用語を解説します。

Webマーケティングにおいて "今さら聞けない、専門用語をおさらいする" シリーズ。
Web担当者が知っておくべき、web用語を解説します。
第1回 SEOとSEM
1. SEOとは?
SEOはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味です。
SEOの目的とは?
検索結果での露出が増えれば、検索エンジンから自社Webサイトへの流入も増えます。自社Webサイトへの流入を増やすことがSEOの目的です。
SEOは何をすればいいの?
ユーザー(検索をする人)は、Google、Yahooなどの検索エンジンにアクセスし、キーワードを入力します。検索結果を上から順に見ていくので、自社Webサイトを検索結果の上位に表示させることが出来れば、ユーザーに訪問してもらいやすくなります。なお、Yahoo!はGoogleの検索エンジンを利用していますので、SEOの際にはGoogleだけ考えれば問題ありません。 SEOは、キーワードの選定やSEOを意識したWebサイトの施策等、技術が必要な面もあります。しかしGoogleは日々進化しており小手先のテクニックは通用しません。では、どうすればいいのでしょうか。まずは「Google が掲げる10の事実」の1番目の項目を御覧ください。
”1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。”

https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

SEOに関して言及しているわけではありませんが、Googleの考え方がGoogleが提供するすべてのサービスの礎になるため、SEOを考える際もGoogleを理解することは重要です。Googleはユーザー(Googleのサービスを使う人)を第一に考えています。これを自社WebサイトのSEOに置き換えると、自社Webサイトの訪問者に役に立つと思ってもらえるサイト作りをすることが何より大切だ、と纏めることができるでしょう。役に立つ内容なら、Googleの評価も上がります。自社Webサイトの内容を決める時、原稿を書く時、常に訪問者に役立つかを念頭に置いて作業を進めて下さい。ここでは1番目の項目だけ取り上げましたが、10項目全てに目を通すことをおすすめします。
メリット、デメリットは?
【メリット】
無料で掲載されるので、アクセスを獲得することに直接的な費用がかからない。
【デメリット】
対策を施してから掲載までに時間がかかる。
知識や技術が必要。
2. SEMとは?
Search Engine Marketingの略で、検索エンジン経由でWebサイトへの来訪者を増やすなど、検索エンジンを利用して展開されるマーケティング手法のことを指します。前述のSEOも含まれます。後述の検索連動型広告と合わせて「SEO+検索連動型広告=SEM」と捉えて下さい。
検索連動型広告とは?
検索キーワードに応じて検索結果上に表示される広告です。リスティング広告とも呼ばれ、ユーザーがリンクをクリックするごとに課金されます。Google広告やYahoo!プロモーション広告が有名です。
検索連動型広告のメリット、デメリットは?
【メリット】
自然検索結果より上位に掲載されるのでアクセスを集めやすい。
対策を施してから掲載までの時間が短い。
【デメリット】
知識や技術が必要。
掲載に費用がかかる。
ともにKAIZEN
◆ ”ともにKAIZEN”サービスは、ホームページを常にフレッシュな情報に更新することができるサービスです。
◆ タイムリーな更新を実現し、見込み客獲得や会社のイメージ向上に貢献させていただきます。
詳細はこちら
page top